回復に向けて

カウンセリング

精神療法をメインに

非定型うつは長引けば長引くほど問題が複雑化し、回復が遅れるという特徴があります。復職が遅れること自体は、それが健康の回復に必要なものであれば問題ありません。ただし、もうひとがん張りすれば、復職できそうなのに、完璧に治ってからと、そのタイミングを逃しては何のメリットにもならないわけです。できるはずの復職を見送ったばかりに、会社での評価が下がるようなことになるのは、自分にとっても大きな損です。特に従来型のうつと比べ、非定型うつは周囲の理解が得られにくい傾向にあるので注意します。また、しばらく休職してからの復職に不安を感じるのは当然のことです。そのため、主治医や会社の産業医と相談して、自分にあった復職プログラムを作ってもらうようにします。最初は3時間勤務、次は5時間勤務と段階的に復職すれば、体も心も無理なく仕事に再適応できます。そして、うつで苦しいときには、上司や友人、家族や医師のアドバイスが心に突き刺さるように感じられることも多いです。しかし、この人たちは、決して心を傷つけようとしているわけでも、無理をして働かせようとしているわけでもありません。そのため、あまり、感情的にならないようにして、耳を傾けることが大事です。非定型うつは、まだまだ認知度も低く、きちんと診断できる医師が少ないのが現状です。非定型うつあるいは、新型うつとして扱われることもあれば、双極性?型障害として治療にあたる医師もいます。事前に病院のホームページなどを見て、非定型うつに関してよく理解し、精通している医師がいるかどうかを確認することが大事です。また、非定型うつの場合、薬物療法と休養をメインにした治療では、根本的な解決に至らないケースがあります。精神療法に力を入れていて、認知行動療法プログラムの実績を上げている病院を中心に探していくようにします。さらに、信頼できる医師はもちろんですが、適切な技術を持ったカウンセラーが男女、複数いることも視野に探していくことが大事です。カウンセラーとの相性は、重要になってきますので、事前にチェックしておきます。そして、比較的軽症で一進一退を繰り返すことも多く、治療が長引きやすい病気です。加えて、自分がイヤなことに対しては、とことん気力が湧かなかったり鉛様マヒの症状などがあったりするため、病院に行くことさえも億劫に感じる人もいます。なるべく通いやすい場所にあることや、通う途中にストレスになる要因になるものがないかなど配慮しながら、適切な医療機関を選んでいくことが重要です。

医者

認知行動療法について

非定型うつ病の患者には抗うつ薬などの投薬の他に、認知行動療法を行うのが治療の基本です。物事をマイナスに捉えがちだった性格もプラスの面を見られるように練習すると、上手く状況に対処できるようになるのが認知行動療法の利点です。

詳しく見る

男性

できる限り仕事を続ける

非定型うつは周囲から見ると怠け者と勘違いされやすいため、病気を正しく理解した人の支えが不可欠になります。仕事を続けながら治療をするほうが回復も早いため、ストレスの少ない職場環境を整えることが大切です。

詳しく見る

聴診器

病態はさまざま

従来型のうつ病と異なる病態を見せるものを、非定型うつといいます。非定型タイプは、不安感が根底にあり、未熟型や現代型などがあります。治療は精神療法と薬物療法を中心に行いますが、自分自身でも生活リズムを整えていくことが大事です。

詳しく見る

男性

昔は良い子供

利己的で自己愛が強く、責任は全て他人にあると捉える人が非定型うつ病に罹りやすく、多くの患者は、昔は良い子供だったという共通点を持っています。コミュニケーションを中心に症状の改善を目指せるカウンセリングは、非定型うつ病でも有効な治療手段です。

詳しく見る

人気記事

医者

認知行動療法について

非定型うつ病の患者には抗うつ薬などの投薬の他に、認知行動療法を行うのが治療の基本です。物事をマイナスに捉えがちだった性格もプラスの面を見られるように練習すると、上手く状況に対処できるようになるのが認知行動療法の利点です。

詳しく見る

男性

できる限り仕事を続ける

非定型うつは周囲から見ると怠け者と勘違いされやすいため、病気を正しく理解した人の支えが不可欠になります。仕事を続けながら治療をするほうが回復も早いため、ストレスの少ない職場環境を整えることが大切です。

詳しく見る

聴診器

病態はさまざま

従来型のうつ病と異なる病態を見せるものを、非定型うつといいます。非定型タイプは、不安感が根底にあり、未熟型や現代型などがあります。治療は精神療法と薬物療法を中心に行いますが、自分自身でも生活リズムを整えていくことが大事です。

詳しく見る

男性

昔は良い子供

利己的で自己愛が強く、責任は全て他人にあると捉える人が非定型うつ病に罹りやすく、多くの患者は、昔は良い子供だったという共通点を持っています。コミュニケーションを中心に症状の改善を目指せるカウンセリングは、非定型うつ病でも有効な治療手段です。

詳しく見る